観光タクシーを利用して外国人が喜ぶスポットを巡る

観光やレジャーで日本を訪れる外国人は年々増加していますが、中でも東京はもっとも訪日外国人数が多いところです。東京の交通網は世界一発達している一方、その複雑さは迷宮と呼ばれるほどで、駅の出口もわかりにくくなっています。東京の交通事情に慣れない方にストレスなく旅を楽しんでもらうには、観光タクシーを利用するという方法があります。

その土地ならではの食事は旅の楽しみのひとつですが、東京でグルメと言えば世界中でその名を知られているのが2018年に築地から移転した豊洲市場です。中でもマグロオークションと呼ばれるせりの見学は、特に人気があります。マグロのせり見学は朝5時45分から6時30分頃までとなっており、豊洲行きのバスは朝早くからあるものの、最寄り駅からの交通を考えると早朝に豊洲へ着くのは難しいケースもあります。観光タクシーなら朝が早くても交通手段に悩まされず安心です。そして、豊洲はグルメも人気があります。市場にはアメリカの口コミサイトで第1位に輝いたお寿司屋さんがあり、外国人観光客が空港から直行するほどの人気です。朝早くに行くことができれば行列に並ぶ時間も少なくて済みます。

アニメの聖地として知られる秋葉原は、外国人観光客が訪れた場所の中でベスト5に入る人気スポットです。駅前には目立つビルがいくつもあり、写真撮影をする外国人観光客の姿がよくみられます。近年はサブカルチャーだけでなく、海外では珍しいレストラン街やB級グルメも人気があります。豊洲から秋葉原まで電車だと乗り換えが必要ですが、観光タクシーは直通なので乗り換え不要です。朝早かった分、到着までの間眠っていても乗り過ごす心配はありません。近くにはおしゃれなお店も数多くあり、ショッピングを目当てに訪れる外国人観光客も多いですが、観光タクシーは荷物が増えてもトランクに入れて回れるので秋葉原巡りには特におすすめです。

そして、外国人観光客にとって相撲の試合が観戦できる両国国技館は東京で外せない観光スポットのひとつです。観光客の間では国技館周辺でお相撲さんと写真を撮るのが定番となっていますが、観光タクシーなら撮影スポットがわかっているドライバーがカメラマンになってくれるので、全員が映った記念写真が残せます。

これらの場所は多言語対応が進んでいるエリアのため訪れた外国人観光客の満足度は高めですが、外国人にとって公共交通機関を利用しての移動は容易ではありません。雨の日や荷物を持っての観光はなおさらですが、観光タクシーを利用すれば自分の行きたいところを効率よく回ることができます。